カノな質問等と解りきってはいますが

その中で、最も怪しい時間帯や曜日に尾行をしてほしいと依頼をすれば、探偵にも余計な労力がかからず、お互いのメリットとなります。

探偵の浮気調査の場合でも失敗したりするようです。探偵が浮気調査の専門家だとしても、予期せぬトラブルに見舞われることが少なからずあります。

調査対象が不意に車に乗るとか、電車に飛び乗ったり、探偵の尾行に気づいてしまう可能性もあります。

また、浮気調査期間中に不倫相手に会わない時には証拠を入手しようがないです。

興信所と探偵事務所の違うところですが、あまり無いのではないかと言ってもよろしいでしょう。

共に、浮気調査から身辺調査、他にもストーカー対策、行方不明者の捜索のような同じような仕事内容です。

ただし、違いがあるとしたら、興信所は、企業や団体からの依頼向けで、探偵は個人向けのようです。

たとえば携帯電話の通話履歴からも浮気の証拠が掴めます。理由は携帯が浮気相手に連絡する手段として使われるのが当然だからです。

最近はメール、LINEで連絡をする事も多くなりましたが、やはり好きな人の声を聞きたいと思うことは安易に予想できます。

ふとした時に電話している可能性はもちろん考えられます。ほんとに離婚してもかまわない、慰謝料をちょっとでも多く取りたいと思う場合、浮気の現場に乗り込むという方法もあります。

そうは言っても、単独で乗り込んでしまうと、さらに揉める可能性が高いので、止めるようお願いします。

あなたが信じて頼れる人と行けば、事件を起こすほど感情的になる可能性もありません。

信頼できる人が同行できないときは、探偵等に頼むことをお勧めします。

探偵に依頼した仕事が浮気調査だった場合、歴然とした証拠が発見されれば、慰謝料は配偶者と不倫相手双方に請求することもできます。

心から信用のできない人間とこの先の長い時間を一緒に過ごすことは精神的な負担は計り知れないものになるでしょうから、慰謝料を請求して離婚することは決して悪いことではありません。

あと、配偶者の不倫の相手に慰謝料を求めれば、間違いなく別れさせられるはずです。

自ら動くより、浮気調査は探偵に頼みましょう。専門家である探偵にお願いすると、浮気の証拠を確実につかむことができます。
詳細サイト